2018.7.17  

【発刊のごあいさつ】みしょらんガイド2018~島ゴハン急行ワンダーランド555!

 

ごあいさつ

今年もまた夏がやってきました。奄美を彩る最高のシーズン到来です。

この島に訪れたみなさま、あるいはこの島で暮らすすべてのみなさまへ、島を楽しむための必携ガイドブック、「みしょらんガイド2018」が7月17日、無事発刊いたしました!

みしょらんガイドは奄美群島の飲食情報・観光情報がぎゅぎゅっと詰まった、お得なクーポン&スタンプラリーつきのフリーペーパー。毎年夏に発刊しています(→みしょらんガイドとは?に詳細あり

今年のテーマは「島ゴハン急行ワンダーランド555!」

「555」で強調しているのは、実はみしょらんガイドは創刊5年目を迎えたためです。

5年間のオマージュを含めながら、変わらぬ島ジューリといまのニーズに応える、情報満載の冊子です。

 

5年間、奄美とみしょらんガイドの歩み

短いようで長い5年間の歩み。おこがましいかもしれませんが、みしょらんガイドは奄美とともに成長してきたと感じています。

5年前、地域ブログサイトでしかなかった「しーまブログ」が「編集部」を立ち上げ、スタートしたフリーペーパー「みしょらんガイド」制作。一から、勉強をしながら作った小さなガイドブックは、たくさんの方にご協力をいただきながら少しずつ少しずつ成長してきました。

一方、奄美。沖縄と鹿児島の狭間にあり、まだまだ知名度も低く観光への道筋が模索され続けていた5年前。それから、風向きはだいぶ変わってきたように思います。

LCCバニラエアが参入し、観光のみならず島民の暮らしやすさなどの障壁にもなっていた交通問題改善に大きく寄与。また、観光化が進まなかったからこそ残されてきた手つかずの自然が評価され、世界自然遺産候補地になりました。

暮らしや経済は少しずつ変化を遂げ、「奄美」の名前がテレビや雑誌、WEBなどで出ることが本当に多くなりました。

 

もっと魅力的な奄美を紹介したい

たくさんの人から注目されている奄美だからこそ、情報のクオリティとディレクションの仕方は重要度を増してきています。

良質で、有益で、ニーズに即した情報。観光客がこの島に降り立ち、最初に手にする冊子であろう「みしょらんガイド」だからこそ、それを重要視したいと、今年の制作がスタートしました。

まず、観光情報を多く入れること。


(みしょらんガイド2018よりP12-13)

 

これまでもみしょらんガイドは単なる飲食店情報にとどまらずに観光と絡めた情報の出し方に配慮してきましたが、今年はさらにそこを強化。モデルコースの提案や人気の西郷隆盛所縁の地や、アクティビティや宿情報のページも拡充しました。


(みしょらんガイド2018よりP20)

 

大切なのは、なぜ奄美の食が魅力的なのかということ

しかしもちろん、みしょらんガイドの使命は「奄美の食」を伝えること。

なぜこの島のご飯はおいしいのか。

他の地域にない魅力とは何なのか。

観光情報を伝えるだけでなく、その大切な部分の発信を忘れたくなくて、島ジューリについてのページを制作いたしました。

(みしょらんガイド2018よりP10-11)

 

島人はもてなし上手です。もてなすことがとても好きです。

何気ない訪問でも、「食べなさい」とどんどん出てくるお菓子やお茶請け。余れば手土産にして持たされます。

島じゅーり(島料理)の多くは、「華やかさ」はありません。盛り付けにすごくこだわったり、高価な材料を使うこともありません。

ただ、すごくあたたかい。

素朴な料理には手間暇と先祖からの知恵が詰まっているし、素材は島の海や山でとれたものが多く使われています。大きな魚や伊勢海老は近所のおじが獲ってきたもの。野菜はそこの畑で採れたもの。採れたものを独り占めすることなく、当たり前のように分け与える文化がここには残っています。

 

「おいしさ」の基本は、調理する人の心。島じゅーりにはその気持ちがたっぷりと詰まっているんだと思います。

 

 

ワンダーランドへ555!

長くなってしまいました。

とにもかくにも、みしょらんガイドを手に、どうぞ島めぐりを楽しんでください。

スタンプラリーは今年度も引き続き実施!20個のスタンプを集める強者が前年度も続出しました。今年は鶏飯トートバッグをプレゼントいたします。引換所が増えていますので、ぜひ今年度もご参加ください。(スタンプラリーについて詳しくはこちらから

また、アンケートに答えていただいた方のなかから抽選ですてきな島ソウルフードをプレゼント!今年度はみしょらんガイドを手にしたどなたにもチャンスがありますので、どしどしご応募くださいませ。(アンケートページへはこちらから

 

この島はさまざまな意味でワンダーランド。

訪れるたび、食するたびに、あなたを引き込む魅力が奄美にはあります。

どうかたっぷりと味わっていただけることを、心から願っています。

 

編集長 麓 卑弥呼

**************************************************
■冊子コンセプト
奄美群島グルメ情報決定版

■公式サイト
http://mishoran.com/

■仕様
オールカラー52P/A5判
クーポン有効期限2019年7月31日まで
※冊子を提示するか、WEBのクーポンページを提示してください。各店の都合により特典内容が変更、または中止になる場合があります。店舗によっては特典は1回のみ有効の場合があります。

■冊子の配布先
奄美大島内一円
奄美空港/ホテル/レンタカー/観光施設/コンビニエンスストアー・スーパー/公民館/全掲載店舗
全国各地(みしょらんガイド2018設置場所一覧


■内容・目次

みしょらんスタンプラリー
Contents(目次)
プロローグ~旅のはじまりをみしょらんCAFEで。
観光案内所紹介つき 奄美大島めぐりMAP
特集 奄食巡り1
:まずは知ろう。シマの風土とFood。
特集 奄食巡り2
:愛加那と想いご飯と巡り旅
WEB版みしょらんガイドのご案内
特集 奄食巡り3
:鶏飯をみしょれ
特集 奄食巡り4
:島魚―TAIRYO!TAIRYO!-
特集 奄食巡り5
:テイクアウト×Photo Spot旅
エリアページ 北部
エリアページ 中部
エリアページ 南部
特集 奄食巡り6
:近くて遠いワンダーランド加計呂麻島
特集 奄食巡り7
:いいっちばシマ市場
特集 奄食巡り8
:見て遊んで泊まって 観光スポット・アクティビティ・宿情報
特集 奄食巡り9
:シマカフェ
エリアページ 屋仁川
奄美黒糖焼酎銘柄図鑑
大島紬コレクション
特集 奄食巡り10
:島土産
みしょらん市街地MAP
島の珍食材 vol4 蘇る命編

 


■みしょらんガイドの配送受付中■

みしょらんガイドが読みたい!あるいは自分のお店にも置きたい!という方に、配送料をご負担いただき送付いたします。

◆お申込方法

下記URLよりお申込ください。

みしょらんガイド送付希望専用申込フォーム

配送にかかる送料のみご負担いただきます。
詳細につきましてはお申込確認後、ご連絡いたします。

バックナンバーや弊社発行のその他フリーペーパーのご希望もこちらの申込フォームで受け付けております。

 

◆制作・発送・お問合せ先

株式会社しーま
〒894-0005 鹿児島県奄美市名瀬佐大熊町11-11
0997-69-4681  FAX0997-69-4682
メール info@shi-mas.jp




RANKING 人気記事ランキング一覧

kitchen わさもん

熊本出身店主が腕をふるう和食メインの創作料理…

奄美居酒屋 ごっぱち

店名の由来でもある国道58号線沿い(鹿児島〜…

なつかしゃ家

手間暇かけた、あんま(母)の本格島料理がお腹…

名瀬港湾センター

名瀬港横にある食堂。安くて早くてうまい!がそ…

居心家

和食・イタリアン・中華などジャンルを問わない…




PICK UP 注目のお店をもっと見る

マングローブ茶屋 写真

マングローブ茶屋

マングローブ原生林と共にゆっくり食事...

島ノコタチ 写真

島ノコタチ

奄美をモチーフにした、感性豊かなデザ...

cafe COVO TANA 写真

cafe COVO TANA

落ち着いた店内でほっと一息

ホライゾンクラブ 写真

ホライゾンクラブ

緑の森に囲まれたアジアンスタイルのペ...

奄美リゾートホテル ティダムーン 写真

奄美リゾートホテル ティダムーン

目の前の太平洋を眺めながら、贅沢なひ...




このページの先頭へ