2019.7.17  

【発刊のごあいさつ】みしょらんガイド2019発刊しました

うがみんしょーらん。

外を見ればまばゆいほどの光があふれ、青い空に白い雲が心浮き立つような模様をつくり、軽やかな鳥のさえずりが聞こえてきます。

2019年の夏。今年もみしょらんガイドが無事発刊を迎えました。

 

みしょらんガイドでつなごう、旅と食の記憶

mishoran-hyoushi

2014年より毎年1冊、発刊を続け今作で6冊目。

今年はこれまでで最大のページ数60ページ、掲載店舗約160店となりました。

今回のテーマは「つなごう 食と旅の記憶 Be Connect」。

食を中心とした旅のコーディネートをテーマにしてきたみしょらんガイド。奄美の観光を楽しんでいただけた方々の楽しかった記憶を、もし次に訪れる人々へつなげることができたなら。そのきっかけにみしょらんガイドがなれたのなら。

そんなわくわくした気持ちで表紙のキャッチコピーを入れました。

 

どうやってつなげる?食と旅の記憶

具体的には、奄美空港から車で約10分の場所にある、「あやまる岬観光公園」内にある観光案内所&CAFEのみしょらんCAFEが舞台となります。

stamprally-mishoran(P10-11)

訪れた人々が楽しかった場所、おすすめしたいもの、あるいは心に残った旅の思い出などを紙に書いて、みしょらんCAFE内の大きなボードに貼りだします。

旅のはじまりにはそこで情報収集を行って観光がスタート。

160店舗以上でスタンプラリーができるみしょらんガイドで旅をたっぷりと楽しんだら、旅終わりには再びみしょらんCAFEを訪れてください。

あなたの旅の記憶を、今度は次にくる人のために紙に書いてつなげていきませんか。

めぐりめぐる、奄美旅の記憶。

行政や企業、あるいは私たち編集部という単位ではなく、旅人とシマッチュみんなでつくる循環ができたら、とても素敵だと思いませんか。

 

奄美の観光情報を総合的にお届け

株式会社しーまでは、実は昨年から新しい試みをスタートさせています。それは前述の「みしょらんCAFE」の運営。多くの観光客と直に接するなかで、食にとどまらない観光情報を提供する必要性を強く感じました。

そこで力を入れたのが体験ツアーなどのアクティビティページ、

mishoran-activity(P12-13)

民泊特集など。

(P43) 民泊特集ページはこちら

いわゆる「観光化」の波にあまりさらされずに独自の波長で動いてきた奄美ですが、この自然や文化をたっぷりと堪能できるガイド付きアクティビティや暮らすように旅する時間を味わえる民泊・ゲストハウスが増えてきています。

新しい奄美の楽しみ方をぜひご堪能ください。

 

いしょむん、西郷どんぶり…特別企画ページでにぎわい

みしょらんガイド2019で注目のページをご紹介します。

いしょむんめぐり(島の魚・みやげ・体験)

「いしょむん」とは島の言葉で磯でとれる魚介類のこと。鹿児島県大島支庁水産係の依頼で「いしょむん」を4ページにわたって紹介しています。

mishoran-ishomun(P20-21)

いしょむんがあちこちに配置されていて、見ているだけで楽しいページになりました!隅々までご堪能くださいませ。

 

西郷どんぶり特集

こちらは(一社)あまみ大島観光物産連盟が主催した「西郷どんぶり」キャンペーンの結果発表を兼ねた特設ページ。

mishoran-saigoudonburi1(P38-39)

鶏飯だけではない、奄美大島の名物を作り出そうと企画されたもので、島で採れた素材が必ず入っている各店の力作ぞろい。

mishoran-saigodonburi2(P40-41)

全部で14のどんぶりがどどん!と集合しているさまは圧巻。

お値段も500円からとお手頃なのでぜひ食べに行ってくださいね。

 

自宅でも奄美の味を。奄美市ふるさと納税PR

昨年に続き、奄美市のふるさと納税ページもできました。

「あなたの想いがふるさとを元気にする」

島の味覚・風味たっぷりの逸品がそろっている、奄美市ふるさと納税にアクセスしてみてください。

mishora-simahuru

奄美市ふるさと納税のページはこちら

 

ようこそ、奄美へ。

 

この島に暮らしていて、最近思うのは、この島の持つ本質そのほとんどに、「癒し」の力があるのではないかということ。

 

美しく濃厚な自然と景色を見ること。

澄んで美しい海中世界を泳ぐこと。

おいしい海の幸や島料理を食べること。

やさしいシマッチュたちとお話をすること。

 

心がトゲトゲとしていたりせわしないときでも、島そのものの自然や食べ物、人と触れたあとは、心と体が自然とまるく、優しくなっています。

それはきっと、華美で演出されたものではないからこその、本当の癒しの力なのではないかと感じます。

あなたの旅のなかで、この島の持つ力に少しだけでも気づくときがあったとしたらとてもうれしく思います。

 

さあ、みしょらんガイドの準備は整いました。

冊子を片手に、シマジマと触れ合ってください。

どうか素敵な島旅を。

 

しーま編集長 麓 卑弥呼

 

**************************************************
■冊子コンセプト
奄美群島グルメ情報決定版

■公式サイト
http://mishoran.com/

■仕様
オールカラー60P/A5判
クーポン有効期限2020年7月31日まで
※冊子を提示するか、WEBのクーポンページを提示してください。各店の都合により特典内容が変更、または中止になる場合があります。店舗によっては特典は1回のみ有効の場合があります。

■冊子の配布先
奄美大島内一円
奄美空港/ホテル/レンタカー/観光施設/コンビニエンスストアー・スーパー/公民館/全掲載店舗
全国各地(みしょらんガイド2019設置場所一覧


■内容・目次

みしょらんスタンプラリー
Contents(目次)
特集 ようこそ奄美へ。シマジューリでおもてなし。
特集 発酵食をめぐる旅 島の珍食材vol.5
島をめぐろう MAP&INFO
みしょらんスタンプラリー
特集 島のアクティビティ
特集 島カフェ
特集 島の魚
いしょむんみやげ&体験
エリアページ 北部
エリアページ 中部
シマ市場
エリアページ 南部
加計呂麻島
特集 TAKE OUT
鶏飯 KEIHAN
D-1グランプリ 西郷どんぶり
奄美の民泊
エリア 屋仁川
島土産特集
奄美黒糖焼酎銘柄図鑑
「いっちば」で買えるっちば!の巻
みしょらん市街地MAP

■みしょらんガイドの配送受付中■

みしょらんガイドが読みたい!あるいは自分のお店にも置きたい!という方に、配送料をご負担いただき送付いたします。

◆お申込方法

下記URLよりお申込ください。

みしょらんガイド送付希望専用申込フォーム

配送にかかる送料のみご負担いただきます。
詳細につきましてはお申込確認後、ご連絡いたします。

バックナンバーや弊社発行のその他フリーペーパーのご希望もこちらの申込フォームで受け付けております。

 

◆制作・発送・お問合せ先

株式会社しーま
〒894-0005 鹿児島県奄美市名瀬佐大熊町11-11
0997-69-4681  FAX0997-69-4682
メール info@shi-mas.jp




RANKING 人気記事ランキング一覧

kitchen わさもん

熊本出身店主が腕をふるう和食メインの創作料理…

飛行機まであと2時間!何する?~奄美空港周辺スポット~

平成30年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の…

奄美居酒屋 ごっぱち

奄美を訪れた有名人もこぞって通う有名店。 店…

なつかしゃ家

手間暇かけた、あんま(母)の本格島料理がお腹…

名瀬港湾センター

名瀬港横にある宿泊所も兼ねた食堂。 安くて早…




PICK UP 注目のお店をもっと見る

ハートマーケットの宿 写真

ハートマーケットの宿

奄美の中心街にあるフランスの片田舎風...

有楽 縁 写真

有楽 縁

ここだけの鮨がある

NPO法人 TAMASU 写真

NPO法人 TAMASU

トビウオロープ曳き漁業体験

島ラーメン ハレルヤ食堂 写真

島ラーメン ハレルヤ食堂

レトロ感漂う市場で味わう島の味!

けいはん ひさ倉 写真

けいはん ひさ倉

素材から生産するこだわりが繁盛の秘訣!




このページの先頭へ